簿記

Students doing group exercises

簿記検定というとたいていの場合は、「日商簿記」と呼ばれる、日本商工会議所主催簿記検定試験のことを指します。このページでも、その日商簿記のことを説明していきます。 経理事務を中心に幅広い職場で活躍することで、資格として人気のある簿記検定ですが、具体的にどういう能力が必要な資格なのでしょうか?

Read more

FP技能士

a pretty girl

FP技能士は、ファイナンシャル・プランナーとも呼ばれ、顧客の収入・支出など、資産の状況に応じて情報を分析し、顧客のライフプランに沿った貯蓄・保険などの資産設計やアドバイスを行う職業です。 FP技能士になるためには、同名の国家資格を取得しなければいけません。

Read more

社労士

a people are discussing

社労士とは、社会保障制度や労働関連法などに携わる、社会保険労務士のことです。 社会保険労務士は、主に書類の作成を通して企業の社会保険や社内賃金、就業規定など、企業で働く人のための環境を、労働・社会保険諸法令の専門家という観点から支えることを仕事にしています。

Read more

行政書士

女子高生

行政書士は、法律に関する専門職(弁護士、弁理士、司法書士など)の中でももっとも総合的・一般的な職業といえるでしょう。 顧客の依頼により、役所に提出する書類の作成や申請手続き、契約書の作成など、主に書類の作成を通して、行政手続きの代理手続きや相談、コンサルティングを行います。

Read more

第二種電気工事士

作業風景

第二種電気工事士は、電気設備系の国家資格でありながら、理系・工学系の学校や職場に通っている人でなくても、取得がしやすい資格です。 第二種電気工事士の試験は、筆記試験と技能試験のふたつに分かれています。 筆記試験では、電気に関する基礎理論や配電・配線の設計理論、電気工事の施工、管理・検査の知識、電気工作物の保安についての法令などについて、マークシートを使用した4択の試験を行います。

Read more

保育士

保育士

国家資格を必要とする職業に就くのであれば、専門学校や大学で学ばなければならないということではありません。こういった学校へ通わなくても独学で資格を取得することはできます。保育士という仕事も国家資格の一つですが、通信教育や販売されているテキストを利用して独学で合格した人も多数居ます。

Read more

公認会計士

公認会計士
公認会計士とは、会計のスペシャリストです。 企業が作り上げた財務諸表を見て、財政や経営状態をしっかりと表示されているかどうかを客観的視点で見て判断する仕事を行います。 会計はどのような分野においても必要なものになりますので、一生なくなることはありません。

Read more

サイト紹介

the students with computers

国家資格といえば、社会的な信用があり、安定した職業に就くことができる・・・と、憧れている方は多いのではないでしょうか。
しかし、民間資格と違ってどれも資格を取得するまでにお金も時間もすごくかかるものだからと、手を出さずにいる方も多いはず。

資格取得のために大学や専門学校に通いたいけれど経済的に難しい学生や、転職や再就職のことを考えて専門的な知識や資格を身につけておきたいけど学校に行っている暇がない・・・という社会人の方々に、独学でも取れる国家資格を紹介します。

専門の学校や大学に通って必要単位をとったり、長い実務経験が必要であったり、とても独学で取れるものではない、と思ったままでは、もったいないとは思いませんか?

国家資格の中にも、受験資格を特に要しない資格試験や、比較的容易な実務経験で受けられる資格試験があります。
安定した人気と需要をもつ法律のスペシャリストである行政書士や、金融機関や企業の財務・経理管理など幅広い企業・機関で活躍する会計士の資格試験である簿記検定。知名度では1、2を争う国家資格ですが、実は受験資格は何も必要ありません。
このほかにも、専門的な勉強・仕事をしていなくても受験資格を満たすことのできる国家資格はあります。

持っているだけでも重宝される国家資格、独学で、挑戦してみませんか?
もちろんやる気があれば按摩の資格を独学で取得出来ます。このサイトでは資格取得についての具体的な情報がしっかり掲載されていますよ。

独学で取得するメリット

資格を独学で取ることのメリットはご存知ですか?

資格取得するためには、専門学校や大学の専門学部に入って勉強して、就職したあとも仕事をしながら実務経験を得て試験を受け・・・と、資格のレベルが上がるごとに長い年月と多くの知識・技術が必要になっていきます。

社会人になってから勉強したいことができた、手に職つけるために資格を取りたい。そう思っても、仕事は辞められないし、お金や時間がないから学校には行けない。
・・・そう、資格取得にネックになっているものといえば、学費を払うことのできる経済的な余裕や、学校が授業をしている時間帯に授業を受けられる時間的な余裕が必要ですよね。

独学なら、それらの負担を少なく済ませることができます。
勉強に必要な費用は、自分で購入する教材費のみで済みます。大学や専門学校の学費が卒業までに数百万円かかることを考えると、経済的なハードルはかなり下がります。

また、時間的な余裕という、社会人にとってもっとも頭を悩ませるものですが、独学でやるならばそんな心配は要りません。独学なら、休みの日や夜帰ってからなど、空いている時間に好きなときに勉強できます。
自分ひとりで始めたものですから、自分の好きなペースで進められます。
決められたとおりに勉強するのは退屈、苦手だという方にも、独学での資格勉強はおすすめです。